range

ご無沙汰です。

父が倒れました。

イベント2日目の夕方、さっちゃんから
「お父さんが救急車で運ばれた」と連絡がありました。

前日にみんなで食事をし、いつも通りの父でした。
カメラを持っていた私は、何故か父の写真ばかりを何枚も撮って
「お父さん、これ遺影にしようか」と冗談まで言っていました。
父もいつもは言わないのに、自分の写真をプリントしてくれと頼んできました。

その日父は囲碁の大会で、自分で異変に気づき
救急車を呼んで下さいと言ったそうです。
さっちゃんも出先、私もイベントで川西、母は旅行中でした。
父は以前、脳梗塞を患った事があるのですが、その時はなんの後遺症もなく
以前通り元気に仕事もし暮らしていました。

また以前のように元気なはずと言い聞かせ
せっかくの旅行を楽しんでいる母には知らせないでいようとも思っていました。

連絡を受けてから、静さんに父のことを話す時
私は静さんの手をぎゅっと握っていました。そこからはあまり憶えていません。

病院に着いた時、父の意識はありましたがその姿に涙をこらえるのが必死でした。
今回は脳溢血。脳梗塞の後飲んでいた薬の影響で脳内の血が止まらず
何度もCTを撮りましたが血だまりはどんどん広がってしまいました。
緊急手術になり、別の病院にまた救急車で搬送された時
父の意識はなく、人工呼吸器も装着されました。
救急車の中が一番辛く、父が旅立つのではないかと必死で呼びかけました。

手術前に母が到着。私たちの姿を見ると泣き崩れました。

5時間にも及ぶ手術は無事成功し、父の命は助かり二日後意識も取り戻しました。
幸い私たちの顔も覚えていました。ただ・・右半身、自分の名前も家族の名前も
言葉も文字も何もかもを失ってしまいました。

今実家に週の半分は泊まり、母を支えながら病院通いです。
最近の父はとても可愛く、赤ちゃんに戻ったようにニコニコ笑っています。
忘れてしまった父は幸せなのかもしれません。
リハビリも頑張っているので、色んな事をまた一から憶えていっているところです。

昨日のイブは旦那さんが美味しいイタリアンを予約してくれていました。
やっとそんな心の余裕も生まれています。

b0125917_11392775.jpg

手術をした大学病院のイルミネーションがとても綺麗でした。

ご心配をかけた方たちへ
私も家族も元気です。笑っています。だから大丈夫です!
メリークリスマス!!
[PR]



by a-range | 2008-12-25 11:59 | 日々の事

毎日を、楽しく過ごせたらなーと思っています^^
by a-range
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧